ここから本文です。

キノコの効能と健康

野菜類の食物繊維
(可食部100gあたり)
野菜名 繊維量
生しいたけ 4.1g
乾しいたけ 42.5g
ごぼう 8.5g
にんじん 2.4g
さつまいも 1.7g
だいこん 1.2g
キャベツ 1.9g
レタス 1.4g
セロリ 1.3g
長ねぎ 2.3g
小豆(乾) 17.8g
大豆(乾) 17.1g
出典:科学技術庁資源調査会編「日本食品食物繊維成分表」

キノコ類の成分は、水分、蛋白質、繊維質、無機質、ビタミン類などから組成されています。野菜と比べてビタミンB群を多く含んでいること、野菜には含まれないビタミンDを多く含んでいることが特徴です。またキノコによっては野菜よりも多くの繊維質を含んでいることなどから、健康食品として期待されています。

キノコと美容の関係

キノコの成分のひとつである食物繊維は、腸の働きに必要となるバクテリアを増加させ、コレステロールなどの不用な物質を吸着して排出を速めるなどの働きをしているといわれています。キノコ類のように食物繊維を多く含んでいるものを摂取することにより、吹き出物や肌荒れの原因である便秘を予防するのに効果的です。また、キノコ類は低カロリー食品と知られていますが、しいたけは市販されているきのこ類の中でも低い数値を示しています。低カロリーでビタミン類をたくさん含んでいることから、健康的なダイエット効果を期待することができます。

キノコが癌に効果的

今、アガリクスなどのキノコの多糖類に含まれているβ−グルカンに抗腫瘍効果があることが話題になっていますが、これは、ガンに対して強い抵抗力を発揮するナチュラルキラー細胞(NK細胞)やTリンパ球の活性を高める働きがあることから。現在キノコからレンチナン(シイタケ)、クレスチン(カワラタケ)、シゾフィラン(スエヒロタケ)の制ガン剤が医療の現場で活用されています。

コレステロールの低下に効果的

キノコの中でもとくにシイタケには、エリタデニンという成分が含まれ、これがコレステロール値を下げ、血流をスムーズにして血圧を下げる働きがあるといわれています。またキノコ類は、酸性をアルカリ性に変える抗酸化作用を示すことから、生活習慣病を予防するために最適な食材だといえます。

ビタミンDが骨を丈夫にする

しいたけに含まれている、エルゴステロールという物質は、太陽光線に当てると、ビタミンDになります。ビタミンDは、骨を丈夫にするためのカルシウムの摂取に必要な働きをする重要なビタミンです。カルシウムの吸収及び利用、骨へのカルシウム吸着など、カルシウムの代謝に重要な役割を果たしています。骨の強化には、適度な運動に加え、カルシウムの多い食品とビタミンDを多く含んだ食品を摂ることが大切です。

※µg(マイクログラム)とは、ビタミンの「重さ」の単位のことを示し、「µg(マイクログラム)=mg(ミリグラム)の1000分の1」です。

(可食部100gあたり)

食品名 ビタミンD(µg)
魚介類 アジ 2
イワシ 9
サバ 11
タイ(天然) 5
肉類 牛肉 0
鶏肉 0
豚肉(ロース) Tr
卵類 鶏卵 3
(黄卵) 6
(卵白) 0
乳類 牛乳 Tr
チーズ Tr
バター 1
きのこ類 乾シイタケ 17
エノキダケ 1
ブナシメジ 2
マイタケ 3

出典:五訂日本食品標準成分表

※Tr:含まれているが、最小記載量に達していない量のことを示します。

ページの先頭へ戻る

キノコ・竹・炭の情報館

森の恵みのしいたけや木炭、竹をテーマに、その効用や活用法、料理のレシピなどをご紹介。

  • キノコの情報
  • 竹、竹材の情報
  • 木炭の情報

もくもく勉強館

静岡県の森林・林業や、森林の役割などを解説。木工作の事例、森林教育の体験施設などを紹介しています。

  • 静岡の今昔
  • 木工作
  • 森林環境教育

木と森のイベント情報(木使い県民運動協賛行事)

  • しずおかの木の家見学会
  • 木と森のイベント

木職ネットワーク 木をめぐる「職」にたずさわる方々に「職」へのこだわり、思いを語っていただきました。

温故知新 静岡県の歴史的建築物を訪ねて、木使いの真髄を学びましょう

静岡県 森林情報共有システム