ここから本文です。

木炭の活用方法

炭は料理や入浴に使った後は、除湿や防臭に、または畑にまいたりと、捨てるところのないリサイクル可能な地球にやさしいエコグッズです。

浴槽にいれる

効用

弱アルカリ効果:炭はアルカリ性ですので、炭をお湯にいれるとお湯がアルカリ性なり、アルカリイオンを含む温泉、いわゆる名湯といわれている温泉のようになります。炭のお風呂は体がよく温まり、肌もすべすべになるなどの効果があります。

水道水にいれる

効用

水道水がおいしくなる:カルキ臭のもとになっている塩素や有機物をすぐれた吸着力で吸収し、吸収された塩素や有機物は、木炭の無数の穴に棲みついている微 生物により分解されてしまいます。また、炭に含まれているミネラル分が水の中にとけだしてミネラルウォーターなみのおいしさになります。

炊飯時にいれる

効用

ご飯がおいしくなる:炭が加熱されると灰分の一部がとけてセラミックスができます。そのセラミックスから近赤外線が出て、米の芯まで熱がゆきわたり、ふっくらとおいしいご飯が炊き上がります。さらにこの「近赤外線」の効果は、天ぷらやフライなどの揚げ物にも効果を発揮。油を入れたフライパンの中に、炭をひとかけら入れると、具の表面に熱を早く伝え、中までまんべんなくゆきわたらせるので、カラッとおいしい揚げ物が出来上がります。また炭の酸化防止効果で、その油も通常よりも長く使えます。炭は、硬質の白炭がいいでしょう。一度使ったものは、水でよく洗い、風通しのよい清潔な場所で一日乾燥させます。10日に一回煮沸させて、約半年は使えます。また、炊き上がった後もそのまま入れておくことで、変色やいやな臭いを防ぐことが出来ます。

肉や魚を炭で焼く

効用

赤外線効果:炭は近赤外線を発するため、ガスなどで焼くよりも早く肉の表面が熱くなり、肉の旨みを逃がしません。さらに、内部の方にもまんべんなく熱がゆきわたります。

消臭・殺菌・調湿剤として部屋や冷蔵庫や戸棚、下駄箱やトイレにいれる

効用

消臭・殺菌効果:炭の表面の無数の穴が匂いのもととなる空気の汚れや匂いを吸着します。
調湿効果:炭の表面の無数の穴が空気中の湿気を吸ったり吐いたりして調湿します。
リラックス効果:マイナスイオンを発生する働きで気分を穏やかにする鎮静作用があります。

健康寝具やマスコット

効用

  • リラクゼーション:気分を穏やかにする沈静効果
  • 消臭効果:吸着作用が働き、においを除去する
  • ヘアケア・スキンケア:湿度の調節機能が働き、髪や肌の健康を守る
  • その他:静電気カット、遠赤外線効果

(参考資料:炭は我家の万能薬/日本テレビ編)

ページの先頭へ戻る

キノコ・竹・炭の情報館

森の恵みのしいたけや木炭、竹をテーマに、その効用や活用法、料理のレシピなどをご紹介。

  • キノコの情報
  • 竹、竹材の情報
  • 木炭の情報

もくもく勉強館

静岡県の森林・林業や、森林の役割などを解説。木工作の事例、森林教育の体験施設などを紹介しています。

  • 静岡の今昔
  • 木工作
  • 森林環境教育

木と森のイベント情報(木使い県民運動協賛行事)

  • しずおかの木の家見学会
  • 木と森のイベント

木職ネットワーク 木をめぐる「職」にたずさわる方々に「職」へのこだわり、思いを語っていただきました。

温故知新 静岡県の歴史的建築物を訪ねて、木使いの真髄を学びましょう

静岡県 森林情報共有システム