ここから本文です。

木炭の歴史

戦後昭和30年頃までは、家庭用燃料の主力は薪炭で、どこの家庭にも炭俵が転がっていました。けれども、家庭用燃料として使われていた木炭は、経済の発展とともに生産が激減し、炭焼きを生業としていた人々も昭和40年の9,285人のおよそ、30分の1あまりに減ってしまいました。しかし、近年になり、この優れた炭質の木炭を燃料以外の用途として役立てる道が開発されています。消臭・殺菌・調湿剤として、また電磁波防止などの、炭の効用が発見されたのです。これにより、生活のさまざまな場面で炭が見直され、使われるようになってきました。

ページの先頭へ戻る

キノコ・竹・炭の情報館

森の恵みのしいたけや木炭、竹をテーマに、その効用や活用法、料理のレシピなどをご紹介。

  • キノコの情報
  • 竹、竹材の情報
  • 木炭の情報

もくもく勉強館

静岡県の森林・林業や、森林の役割などを解説。木工作の事例、森林教育の体験施設などを紹介しています。

  • 静岡の今昔
  • 木工作
  • 森林環境教育

木と森のイベント情報(木使い県民運動協賛行事)

  • しずおかの木の家見学会
  • 木と森のイベント

木職ネットワーク 木をめぐる「職」にたずさわる方々に「職」へのこだわり、思いを語っていただきました。

温故知新 静岡県の歴史的建築物を訪ねて、木使いの真髄を学びましょう

静岡県 森林情報共有システム