ここから本文です。

竹細工の「かたつむり」

木や竹を材料に、楽しい工作をすることにより、木や竹の構造・生態などをしぜんに知り、色々な技術を覚え、創作力・想像力を育みます。

準備するもの

作成:ラブ・ネイチャーズ

  • 竹(真竹・孟宗竹・他)
  • ノコギリ
  • ナイフ
  • ボンド

作業順序

1.顔を作ります。

シッカリした枝のある部分の竹を用意し、カタツムリの目になる枝を、適当な長さ残して切り、顔になる節を残して、輪切りにします。

2.体を作ります。

胴体の部分を残して切り離し、胴の部分に切り込みを入れ形を整えます。

3.カタツムリの殻を作ります。

竹の太い部位から、細い部位まで何個かを輪切りにして、太い輪の中へ、細い輪を何個かはめ込みボンドで接着します。

 

4.胴体と、殻をボンドで接着します。

プラタナスの実は、丸く・トゲトゲのため顔を付ける部分を少し削って、中心よりやや上方向にボンドで接着。

(参考)

代表的な野生種は、モウソウ竹・真竹・ハチクの3種類、

  • モウソウは、250年ほど前中国からの外来種でまだ新しいが、今猛烈な勢いで拡大中、食用の筍はほとんどがこの種で、時期も早く美味しい。
  • 真竹は、筍はあまり食べない、各種の細工物の材料として使われる、名前の由来は、全体的の姿が女性的で、毛が少ないところから、と言う説もある。
  • ハチクは、寒さに強く中部以北に多い、枝が細くて細かいため竹箒に使われる、筍は、モウソウより遅いが美味しい。

ページの先頭へ戻る

キノコ・竹・炭の情報館

森の恵みのしいたけや木炭、竹をテーマに、その効用や活用法、料理のレシピなどをご紹介。

  • キノコの情報
  • 竹、竹材の情報
  • 木炭の情報

もくもく勉強館

静岡県の森林・林業や、森林の役割などを解説。木工作の事例、森林教育の体験施設などを紹介しています。

  • 静岡の今昔
  • 木工作
  • 森林環境教育

木と森のイベント情報(木使い県民運動協賛行事)

  • しずおかの木の家見学会
  • 木と森のイベント

木職ネットワーク 木をめぐる「職」にたずさわる方々に「職」へのこだわり、思いを語っていただきました。

温故知新 静岡県の歴史的建築物を訪ねて、木使いの真髄を学びましょう

静岡県 森林情報共有システム