ここから本文です。

静岡県と凧づくり:浜松凧

浜松凧の歴史は古く、今から約430年ほど前にさかのぼります。当時、引間城の城主だった飯尾豊前守(いいおぶぜんのかみ)の長男誕生を祝して、その長男の義廣(よしひろ)という名前を記した凧を城中であげたことが起源と言われています。この風習は江戸時代中頃には民俗行事として民衆化されていったようです。
もともとは初子の祝い凧として揚げられた浜松の凧あげですが、現在では5月の連休に150にもおよぶ町が、それぞれの町名の図案化した凧をいっせいにあげ、糸にビードロを塗らずに摩擦だけで糸を切り合う催しが主流となってきました。正方形で尾っぽ(凧の下部から出ている竹の部分)がある独特の形をしていて、他の地域の凧と比べて絵柄の少ないことが特徴です。骨組みは「障子骨(しょうじぼね)」と「横入れ」という組み方で構成されています。
現在浜松市内には主に3つの浜松凧の製作工房があります。昔は職人が凧を作ることは当然だったのですが、現在では町内の人が自分たちの手で凧を作ることもあるようです。

浜松凧写真

浜松凧/詳細はこちら

浜松凧製作工房写真

色々な大きさの凧の骨組み

ページの先頭へ戻る

キノコ・竹・炭の情報館

森の恵みのしいたけや木炭、竹をテーマに、その効用や活用法、料理のレシピなどをご紹介。

  • キノコの情報
  • 竹、竹材の情報
  • 木炭の情報

もくもく勉強館

静岡県の森林・林業や、森林の役割などを解説。木工作の事例、森林教育の体験施設などを紹介しています。

  • 静岡の今昔
  • 木工作
  • 森林環境教育

木と森のイベント情報(木使い県民運動協賛行事)

  • しずおかの木の家見学会
  • 木と森のイベント

木職ネットワーク 木をめぐる「職」にたずさわる方々に「職」へのこだわり、思いを語っていただきました。

温故知新 静岡県の歴史的建築物を訪ねて、木使いの真髄を学びましょう

静岡県 森林情報共有システム