ここから本文です。

静岡県と凧づくり:相良凧

相良といえば田沼意次の城下町。ちょうど田沼が老中として権勢をふるっていた江戸中期の終わり頃に創作された凧が相良凧です。相良凧は縦長の角凧で下部がやや三角に尖っています。糸目は中心の親骨から上下に2本付け、結び目を比較的凧に近い距離にすることにより、急旋回、宙返りなど自由自在に操縦できるのが特徴です。5月に行なわれる凧合戦では、凧糸にビードロと言うガラス粉を練り込んだものを使い、天空で紅白の2組に別れて、敵の凧とからめ、秘術を尽くして糸を切り合い、凧を落とし合います。これが相良の春の風物詩となっています。

松下周司さん

松下周司さん

鯉金時

鯉金時/詳細はこちら

ページの先頭へ戻る

キノコ・竹・炭の情報館

森の恵みのしいたけや木炭、竹をテーマに、その効用や活用法、料理のレシピなどをご紹介。

  • キノコの情報
  • 竹、竹材の情報
  • 木炭の情報

もくもく勉強館

静岡県の森林・林業や、森林の役割などを解説。木工作の事例、森林教育の体験施設などを紹介しています。

  • 静岡の今昔
  • 木工作
  • 森林環境教育

木と森のイベント情報(木使い県民運動協賛行事)

  • しずおかの木の家見学会
  • 木と森のイベント

木職ネットワーク 木をめぐる「職」にたずさわる方々に「職」へのこだわり、思いを語っていただきました。

温故知新 静岡県の歴史的建築物を訪ねて、木使いの真髄を学びましょう

静岡県 森林情報共有システム