ここから本文です。

竹の歴史

竹イメージ写真

古来より駿河の地は、良質の竹が豊富だったようです。静岡市にある弥生後期の集落遺跡の登呂遺跡からは、竹製の籠やザルが出土しています。当時、登呂遺跡の近くに流れていた安倍川の上流には、今も良質の竹が生えています。弥生時代の登呂遺跡からの出土品の中に竹製のザルが発見されたことなどからも、竹は人々の生活にしっかりと根差していたことが伺えます。
多くの文献に、日本の暮らしの中で様々に形を変え、活用された竹の姿が描かれており、また時代とともに竹細工の技術が発達していきました。最初は丸形だった竹カゴも、四角形、矩形に変わり、江戸時代からは箱型の竹カゴが多く作られるようになってきました。静岡県では、昔からアジ巻網猟がさかんな沼津市で、昭和50年代まで竹で編んだカゴを使った「カゴ漁」が行われていました。現在では鉄棒に魚網を張ったものに代わっています。

ページの先頭へ戻る

キノコ・竹・炭の情報館

森の恵みのしいたけや木炭、竹をテーマに、その効用や活用法、料理のレシピなどをご紹介。

  • キノコの情報
  • 竹、竹材の情報
  • 木炭の情報

もくもく勉強館

静岡県の森林・林業や、森林の役割などを解説。木工作の事例、森林教育の体験施設などを紹介しています。

  • 静岡の今昔
  • 木工作
  • 森林環境教育

木と森のイベント情報(木使い県民運動協賛行事)

  • しずおかの木の家見学会
  • 木と森のイベント

木職ネットワーク 木をめぐる「職」にたずさわる方々に「職」へのこだわり、思いを語っていただきました。

温故知新 静岡県の歴史的建築物を訪ねて、木使いの真髄を学びましょう

静岡県 森林情報共有システム