ホーム > もくもく勉強館 > 林業の現況

ここから本文です。

林業の現況

静岡県の森林面積

県全体の森林面積は、49万9千ha(全国比率2.0%)で県土の64%を占めています。そのうち民有林が82%、国有林が18%となっています。民有林のうち、人工林の面積は24万haで民有林全体の59%に達し、その93%をスギ・ヒノキが占めています。

山には今すぐ使える木がいっぱい

人工林のうち約80%が、木材資源として利用可能な林齢である40年を超えています。

素材生産量は減少から横ばいへ、資源蓄積は増加

長年、減少傾向にあった素材生産量は、近年は横ばいの推移を示しています。
一方で、森林蓄積量は年々増加しています。

静岡県の森林蓄積と素材生産の推移(民有林)グラフ

※蓄積量とは立木の幹の部分の体積で、資源として使える量ということです。

林業をしている人々の数の移り変わり

林業生産活動の低迷に伴い就業者数の減少も進んでいます。

特用林産物の生産量と生産額

静岡県は、全国でも有数の乾しいたけ産地ですが、近年、生産者の高齢化などにより、生産量が減り、生しいたけへの移行がみられます。その他のきのこについても、産地間競争の激化から、生産量は横ばいとなっています。

データ:静岡県農林/水産業の特徴/静岡県の林業

ページの先頭へ戻る

キノコ・竹・炭の情報館

森の恵みのしいたけや木炭、竹をテーマに、その効用や活用法、料理のレシピなどをご紹介。

  • キノコの情報
  • 竹、竹材の情報
  • 木炭の情報

もくもく勉強館

静岡県の森林・林業や、森林の役割などを解説。木工作の事例、森林教育の体験施設などを紹介しています。

  • 静岡の今昔
  • 木工作
  • 森林環境教育

木と森のイベント情報(木使い県民運動協賛行事)

  • しずおかの木の家見学会
  • 木と森のイベント

木職ネットワーク 木をめぐる「職」にたずさわる方々に「職」へのこだわり、思いを語っていただきました。

温故知新 静岡県の歴史的建築物を訪ねて、木使いの真髄を学びましょう

静岡県 森林情報共有システム