ホーム > もくもく勉強館 > 公益的機能

ここから本文です。

公益的機能

森林の働き

※イラスト上の項目ボタンをクリックすると詳細が、ご覧になれます。

イメージイラスト

洪水・渇水防止及び水質浄化機能 自然災害を防ぐ機能 野生鳥獣保護機能 二酸化炭素吸収機能 保護・レクリエーション機能 化石燃料代替機能

森林機能をお金に換算

機能の種類 年間評価額 備 考
静岡県 全 国
二酸化炭素吸収 310億円 1兆2,391億円

森林バイオマスの増量から、二酸化炭素吸収量を算出し、石炭火力発電所における二酸化炭素回収コストで評価(代替法)

化石燃料代替 77億円 2,261億円

木造住宅が、すべてRC造・鉄骨プレハブで建設された場合に増加する炭素放出量を上記二酸化炭素回収コストで評価(代替法)

表面侵食防止 3,608億円 28兆2,565億円

有林地と無林地の侵食土砂量の差(表面侵食防止量)を堰堤の建設費で評価(代替法)

表層崩壊防止 1,679億円 8兆4,421億円

有林地と無林地の崩壊面積の差(崩壊軽減面積)を山腹工事費用で評価(代替法)

洪水緩和 1,843億円 6兆4,686億円

森林と裸地との比較において、100年確率雨量に対する流量調節量を治水ダムの減価償却費及び年間維持費で評価(代替法)

水資源貯留 3,913億円 8兆7,407億円

森林への降水量と蒸発散量から水資源貯流量を算出し、これを利水ダムの減価償却費及び年間維持費で評価(代替法)

水質浄化 6,382億円 14兆6,361億円

生活用水相当分については水道代で、これ以外は、中水程度の水質が必要として、雨水処理施設の減価償却費及び年間維持費で評価(代替法)

野生鳥獣保護※ 751億円 3兆7,800億円

森林性の野鳥の数を推計し、人工的に飼育した場合のえさ代で評価(代替法)

保健・レクリエーション※ 448億円 2兆2,546億円

国内の自然風景を観賞することを目的とした旅行費用により評価(家計支出(旅行用))

合計 1兆9,011億円 74兆0,438億円  
  • 国の評価額は、森林の多面的機能のうち、物理的な機能を中心に、森林の物質生産機能を除いた貨幣評価が可能な一部の機能につき、日本学術会議の特別委員会等の討議内容を踏まえて評価したものである。
  • 静岡県の評価額は、林野庁の諮問を受けて、平成13年11月に日本学術会議が答申し、試算した結果を参考に算出したものである。

※機能のごく一部を対象とした試算である。

ページの先頭へ戻る

キノコ・竹・炭の情報館

森の恵みのしいたけや木炭、竹をテーマに、その効用や活用法、料理のレシピなどをご紹介。

  • キノコの情報
  • 竹、竹材の情報
  • 木炭の情報

もくもく勉強館

静岡県の森林・林業や、森林の役割などを解説。木工作の事例、森林教育の体験施設などを紹介しています。

  • 静岡の今昔
  • 木工作
  • 森林環境教育

木と森のイベント情報(木使い県民運動協賛行事)

  • しずおかの木の家見学会
  • 木と森のイベント

木職ネットワーク 木をめぐる「職」にたずさわる方々に「職」へのこだわり、思いを語っていただきました。

温故知新 静岡県の歴史的建築物を訪ねて、木使いの真髄を学びましょう

静岡県 森林情報共有システム