ここから本文です。

東海館 周辺

取材協力:伊東市役所 まちづくり推進室

温泉叙情を伝える、伊東市の新しい街づくり。

東海館の写真

昔は東海館のような温泉旅館が軒を並べていた。(写真提供:伊東市)

駅前広場の再開発を契機に、「それなら街を含めてもっと広い視野で活性化をしていこう」と、新しい街づくりの気運が盛り上がっている伊東市。伊東市もお隣の熱海市と同じように、景気の良かった時代があり、近代化が急速に進んだ。温泉・観光客を受け入れるキャパシティが大きく、色々な客層のニーズに応えるため「総合デパートのような温泉地」に成長してきたという。その反面、街の個性がしだいに失われていった。

 

写真

川岸の整備がゆきとどいた松川河口の景観。

写真

東海館は伊東市のシンボル的な木造建築物。
(写真提供:伊東市)

写真

昔は東海館のような温泉旅館が軒を並べていた。
(取材当日のもの)

写真

緑がよく映える木造三階建ての古建築。

平成12年にまとめられた「中心市街地まちづくり基本構想」や、これを受けて動きはじめた「まちづくり協議会」の活動には、こうした反省が根底にある。地域住民を主体に、その考えを行政が支援する。街に住む人々、1人ひとりが街を自分のモノとして考え街づくりに参加する、官民一体となった新しい試みが進められている。

こうした伊東市の温泉叙情を象徴する街並みが、松川沿いに立つ温泉旅館「東海館」周辺だ。「温泉文化香る東海館界隈」として、平成14年度の静岡県都市景観賞で最優秀賞(静岡県知事賞)も受賞した。昭和3年に建てられた木造三階建ての古建築は、いま旅館として営業されてはいないが、市民の声により、寄付を受けた市が修復に着手し、現在は市の観光・文化施設として活用されている。

望楼をもつ独特のたたずまいは、隣接する「いな葉館」とともに往時の景観をよく伝えている。かつては、この松川沿いに、こうした三階建ての旅館が連なっていたという。「何十年か時間を巻きもどせるなら、こんな風にはならなかっただろう」と、まちづくり推進室の山田室長。地域住民の意見を主体に、これから新しい街並みのイメージが具体化されていくところだ。

山田室長の写真

伊東市役所
まちづくり推進室 山田室長

浜崎さんの写真

伊東市役所
まちづくり推進室 浜崎さん

ページの先頭へ戻る

キノコ・竹・炭の情報館

森の恵みのしいたけや木炭、竹をテーマに、その効用や活用法、料理のレシピなどをご紹介。

  • キノコの情報
  • 竹、竹材の情報
  • 木炭の情報

もくもく勉強館

静岡県の森林・林業や、森林の役割などを解説。木工作の事例、森林教育の体験施設などを紹介しています。

  • 静岡の今昔
  • 木工作
  • 森林環境教育

木と森のイベント情報(木使い県民運動協賛行事)

  • しずおかの木の家見学会
  • 木と森のイベント

木職ネットワーク 木をめぐる「職」にたずさわる方々に「職」へのこだわり、思いを語っていただきました。

温故知新 静岡県の歴史的建築物を訪ねて、木使いの真髄を学びましょう

静岡県 森林情報共有システム