ここから本文です。

熊平邸

林業家の家は空に迫力の瓦

写真

圧巻の熊平邸全景。
桜の大樹が背後から見守る。

天竜市熊(くんま)の中心部は、市内から車で阿多古川を遡ること30数分。さらにそこから4〜5分ほど渓谷沿いを走る。前方が明るくなってキャンプ場が出現。カーブを曲がると、20数軒の熊平(くまだいら)集落の全景が見渡せる。目に飛び込んできたのは、圧倒的スケールと荘厳な雰囲気をもつ熊平邸。思わず「うわっ!」と声が出てしまった。

 

写真

玄関とその軒先。

写真

母屋の前に建つ蔵。

写真

瓦が空から圧倒的迫力で迫る。

写真

内部

ご主人の熊平一吉さんは林業を営む。いま天竜市には専業林家が三軒ほどしかない、と聞いたうちの一軒だ。通された部屋には、熊平邸の全景写真が戦前、戦後、そして近年と3枚並べて飾ってある。「いやぁ、この瓦の葺き替えに丸二年。なかなか手間はかかりますよ。」写真を見ながら解説を加えていただく。平成元年に瓦の葺き替えに着手。「二年かかったのは、屋根も広いし瓦は高価だから、いっぺんに出来なかったってことです。」と笑う。

ご主人は、春野町熊切生まれ。「なぜか熊づくし(笑)。」実家もやはり林家。林業が好きで勤め人を辞め、この熊平家に婿入りした。奥様は、生まれも育ちもこの家。「とにかく広いでしょ。戦時中は疎開してきた人をいれて7世帯20数人が暮らしていました。今思えばすごいことですねぇ。」明治26年にできたこの家の広さは、今の家族数(三人)ではもてあまし気味。「人寄りがするとき、家を見せてと来客があるときは大変です。掃除はもちろん、しつらえもしなきゃいけない。それに天井が高くて軒が長いから、冬は寒いです。来客の際は前から暖めておかないと。」取材時はかなり前から部屋を暖めてくださっていて、奥様の心使いが伝わってきた。これも木の家ならではのおもてなしなのだ。

一本の大きな桜の木がこの家を背後から見守っている。桜の季節はこの桜を目当てに多くの方がこの集落を訪れる。「桜を見たあと“お宅を拝見させていただけませんか”と訪ねてくる方が多くなりまして。だから余計キレイにしておかなきゃ、となりますから、さらに忙しい(笑)。」お宅拝見は、拝見される側の苦労はなかなか伝わらないものだ。

帰り際、家を建て替えようなんて思ったことはありますか、とご主人に聞いてみる。質問を笑い飛ばしながら「ぜ〜んぜん!だって、もったいないじゃん、こんな家ないですよ、他に。」訪問したときからなんとなく予測し、期待していた答えが、あっけらかんと響いてこの取材の締めくくりとなった。

DATA
建物についての詳細はこちら(PDF:44KB)

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

ページの先頭へ戻る

キノコ・竹・炭の情報館

森の恵みのしいたけや木炭、竹をテーマに、その効用や活用法、料理のレシピなどをご紹介。

  • キノコの情報
  • 竹、竹材の情報
  • 木炭の情報

もくもく勉強館

静岡県の森林・林業や、森林の役割などを解説。木工作の事例、森林教育の体験施設などを紹介しています。

  • 静岡の今昔
  • 木工作
  • 森林環境教育

木と森のイベント情報(木使い県民運動協賛行事)

  • しずおかの木の家見学会
  • 木と森のイベント

木職ネットワーク 木をめぐる「職」にたずさわる方々に「職」へのこだわり、思いを語っていただきました。

温故知新 静岡県の歴史的建築物を訪ねて、木使いの真髄を学びましょう

静岡県 森林情報共有システム