ここから本文です。

北河邸

木の家の住み継ぎ方が見えてきた

写真

北河家の全容

大井川の左岸、島田市稲荷。明治29年築の赤煉瓦造りの工場が、ノスタルジックな風景をつくっている。木材を原料にした塗料等を製造する、その北河製品所の経営者は工場脇にある明治2年建築といわれる住宅に代々住み継いできた。
早春の朝、玄関へ伺う。奥様に導かれ、家に足を踏み入れる。と同時に、目の前に広がる空間に圧倒され足が止まってしまった。どうぞこちらへ、と促されても、しばし土間の空間を仰ぎ見ていた。「ついこの前改築して、ここ(土間)を境に、東に息子夫婦と孫が、西に私たちが暮らしています。」と奥様。なるほど、新旧の木と漆喰が違和感なく調和した空間が“住み継ぎ”を表現している。

 

写真

ここまで広大な土間。

写真

風格ある長屋門。

写真

茶室

写真

改築の違和感がない、
東側の若夫婦世帯。

写真

手を加えない味わい、
西側の親世帯。

写真

ここが南にある正規の玄関。

応接間でご主人の北河静夫さんと奥様にお話を、と思いきや息子さんご夫婦も話に加わっていただき、賑やかに会話が弾む。「いわゆる昔ながらの田の字型、だだっ広くて、夏涼しく冬涼しい(笑)という典型的な家でして。」とご主人。「お客様を主体に考えた家ですから、使えない部屋が多くて。」と奥様。嫁いできた方の感想を若奥様に聞くと、「ぜーんぜん平気でした。両親の実家がこういう家でしたから。」と意外な答え。「ただ、広すぎて家の中の移動が大変です。最短距離の移動方法、往復しない家事の段取りが、頭の中にプログラムされています。」と笑う。続けて「人間の慣れや適応力ってすごい。大変っていっても日常がそうなら適応しちゃうんです。」

若夫婦は、南側にあるゲストハウスとして使われてきた別棟に15年生活した。ただ、別棟でさえ広く、また耐震の問題もあったことから、昨年同じ棟に住むことを決め、秋から改築を開始。この1月に完成した。しかし、この家をいじるのは難易度の高い仕事だったろう。誰が担当したのかご主人に聞くと「若い女性の建築士。」と意外な答えが返ってきた。「ウチの赤煉瓦の工場に建築的価値があるって見学に来た、古民家再生の設計事務所に勤めていた方でね。思い出して連絡をとったら今は住宅会社に勤めてたから、そのままお願いしました。」彼女にとっては、なんとも幸せな仕事の依頼だ。

「そりゃこの大きさと広さと古さだから、掃除や補修ばかりで面倒だけど、今は相続税のことで頭が痛い(笑)。なんとかして欲しいよ。」というご主人の、締めの言葉がまたいい。「東京に出張にいくと酸素が足りなくてさ、すぐ帰ってきちゃうんだ。ここだと酸素がいっぱいあるしね。」なるほど、木の家は“呼吸する家”だとよく言ったものだ。

DATA
建物についての詳細はこちら(PDF:44KB)

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

ページの先頭へ戻る

キノコ・竹・炭の情報館

森の恵みのしいたけや木炭、竹をテーマに、その効用や活用法、料理のレシピなどをご紹介。

  • キノコの情報
  • 竹、竹材の情報
  • 木炭の情報

もくもく勉強館

静岡県の森林・林業や、森林の役割などを解説。木工作の事例、森林教育の体験施設などを紹介しています。

  • 静岡の今昔
  • 木工作
  • 森林環境教育

木と森のイベント情報(木使い県民運動協賛行事)

  • しずおかの木の家見学会
  • 木と森のイベント

木職ネットワーク 木をめぐる「職」にたずさわる方々に「職」へのこだわり、思いを語っていただきました。

温故知新 静岡県の歴史的建築物を訪ねて、木使いの真髄を学びましょう

静岡県 森林情報共有システム