ここから本文です。

木の家を建てたい!県産材住宅なんでも館

こだわり家さんお宅訪問

過去に掲載されたこだわり家さんもご覧ください。

県産材にこだわったお宅、店舗、施設をご紹介します。

vol.71

H様邸(富士市)

歳月とともに風合いを増す「木づくり気づかいの家」

構造材である柱・梁をそのまま見せ、天井・壁にも杉板を使った木の香り漂うこだわりの 長期優良住宅をご紹介します。

建築データ

<使用している主な木>

ヒノキ、スギ

<設計・監理>

株式会社 建築工房わたなべ

<施工>

株式会社 建築工房わたなべ

今月のレポーター

株式会社 建築工房わたなべ 石川定さん

こだわりのポイント

  1. 国産の無垢材を使った骨組みをそのまま出し、美しく見せる
  2. 出来るだけコストをかけずに耐震性・耐久性・断熱性を確保する
  3. 細部にまで検討を重ね、お客様の求める「暮らし」を実現させる

リビング上の吹抜。杉板の天井・壁、桧の床と「木」がいっぱいの心地いい空間です。

アプローチの落ち着いた佇まいに馴染むよう玄関には和のテイストの引戸を採用しました。

玄関土間・和室・リビングは障子を開けると一体の大きな空間に。中央の8寸角柱もアクセントになっています。

リビングには7.1chサラウンドシステムを配置するテレビボードを設置。

ロフトは趣味の空間。誰にも邪魔されず、自分だけの時間を過ごせます。

吹抜けに面した洋室も障子をはずすとオープンな空間になります。

陶芸が趣味のお母さまが作られた鉢を2階の手洗いに使いました。

室内は「木」がいっぱい。梅雨時でもこの「木」のおかげで湿度が低く保たれ家族揃って気持ち良く過ごすことが出来ました。

H様邸は、富士山麓の富士市北部に位置する自然あふれる分譲地内に、金属サイディングをベースに「木」をアクセントに配した、シンプルな切妻屋根の現代和風住宅です。30年以上前に開発された分譲地内の家屋を中古住宅として10年程前に購入して住まわれていたのですが、建物は正直に言って気に入っていた訳ではなく、いつかは自分の希望を取り入れた理想の住まいをと考えられていたそうです。

いよいよ建て替えて新築をと検討し始めたころ「200年住宅」という言葉をたまたま耳にして「長期優良住宅」に感心を持たれたそうです。無垢の木をふんだんに使って、その骨組みを出来るだけそのまま見せてつくり、やがてその木が年月を経て味わいのある色に変化していくのを楽しみたいという希望を抱かれていたH様にとって「質のいい住まいをきちんと手入れして、世代を越えて使い続ける」という長期優良住宅の考え方がマッチしたと言えるでしょう。ちょうどその頃に、長期優良住宅の先導的モデル事業の補助金や、静岡県産の木材を使う事で「しずおか木のいえ推進事業」の助成金を利用できた事も、ご自分の希望を取り入れた理想の住まいづくり計画を進めていくのに大きな助けにもなったと言います。

「住み続けることで風合いが増してくる。そんな家で暮らしたい。」という施主の希望を叶えるために建てられたH様邸。長い歳月にわたり、さまざまな環境の変化に耐えるためには、何より丈夫で長持ちすることが大前提です。H様邸は、長期優良住宅の認定基準である、耐震性・耐久性・省エネ性・維持管理の容易性を確保した上で、国産無垢材(特に県産材)にこだわって検討に検討を重ねて建てられた住まいです。

敷地は道路から少し高い位置あるので、駐車場からは階段を数段上って玄関に向かいます。アプローチの落ち着いた佇まいに馴染むように玄関には和のテイストの引き戸を採用しました。木目調の縦格子引き戸は、何故か懐かしさを感じさせてくれます。広い三和土(たたき)の土間がある玄関に足を踏み入れれば、大きな自然石の沓脱石、8寸(240mm)角の太いヒノキの大黒柱などを配した、古来よりの日本家屋を思わせる和やかな空間が出迎えてくれます。室内は構造材である柱や梁をそのまま見せ、床にはヒノキ材、内部の壁や天井には杉板を使用しています。天然の「木」をふんだんに使った味のある風情はリラックス効果抜群です。また、木の持つ吸湿効果により、梅雨時でも室内の湿度は外気に比べて10%も低いといいます。気持ち良く暮らしているうち、知らず知らずに健康になっていくような感じでしょうか。特徴的なのは、現代的にドアや壁で仕切るのではなく、内障子で室内スペースを構成している点ではないでしょうか。障子を開け放てば風が通り抜ける開放的な空間を演出しますし、閉じればプライバシーも保たれるという古き良き日本の民家を再現していると言えるでしょう。

ご主人の夢を実現させたのが、小屋裏ロフトを利用したホビールームです。木に囲まれたご自分だけの空間で、趣味の鉄道模型を走らせて至福の時を過ごされているそうで、満足度120%と笑顔で語られました。

日本古来の住まい文化の良い所を取り入れて、心なごむ木の温もりに囲まれながら、現代の最新技術を駆使して建てられたH様邸。新築時から年月と共に家全体が趣きを増してゆく。その変化を眺める愉しさが実感できる「これぞ長期優良住宅」と呼ぶに相応しい住まいと言えるでしょう。

ページの先頭へ戻る

キノコ・竹・炭の情報館

森の恵みのしいたけや木炭、竹をテーマに、その効用や活用法、料理のレシピなどをご紹介。

  • キノコの情報
  • 竹、竹材の情報
  • 木炭の情報

もくもく勉強館

静岡県の森林・林業や、森林の役割などを解説。木工作の事例、森林教育の体験施設などを紹介しています。

  • 静岡の今昔
  • 木工作
  • 森林環境教育

木と森のイベント情報(木使い県民運動協賛行事)

  • しずおかの木の家見学会
  • 木と森のイベント

木職ネットワーク 木をめぐる「職」にたずさわる方々に「職」へのこだわり、思いを語っていただきました。

温故知新 静岡県の歴史的建築物を訪ねて、木使いの真髄を学びましょう

静岡県 森林情報共有システム