ホーム > 県産材で家を建てたい > 健康住宅のキーワードは「自然素材」

ここから本文です。

健康住宅のキーワードは「自然素材」

木材の他にも、さまざまな自然素材があります。これらは、私たちの身体に優しいばかりではなく、環境にも優しい優れた素材です。建て替え時などに再利用できるものもありますし、建設ごみ量の軽減にも貢献します。

イメージ

畳のいぐさは調湿性が高く、肌触りがさらっとして、温暖多湿の日本に最適。柔らかく温かく香りよく、素足で暮らす日本人の生活に欠かせない身近な素材です。最近使用されている畳にはダニ等が発生しないように防虫紙がはさまれており、この防虫紙には高濃度の薬品が染み込んでいます。畳の中にワラの代わりにポリスチレンボードを入れた化学畳もありますが、調湿性・脱臭効果等を考えると、やはり天然畳がお勧めです。

漆喰

イメージ

漆喰は、耐久性、吸湿性、防カビ性などに優れ、湿気の多い日本の気候風土の中では仕上げ材料として大変適した自然素材で、古くから、城や神社仏閣、民家の壁や土蔵に使われてきました。漆喰の主成分は炭酸カルシウムで、古来、石灰石を焼いてできる消石灰(しょうせっかい)が原料となっています。洋式住居の普及や建築方式が変化する中で、工期が長いこと、また特別な施工技術が必要などの理由から、次第に使われなくなってきているのが現状です。

塗料

イメージ

塗料は直接肌に触れるものなので、塗るときに空気を汚染しない自然素材を選びたいものです。自然塗料には、柿渋や蜜ろうワックスなどがあります。柿渋は、渋柿の渋を取り出して熟成させたもので、防虫・防腐・防水効果などがあります。何度か塗重ねをすると、色つやが濃く、風合いが出てきます。蜜ろうとは、ミツバチが巣を作るために体内から分泌した成分。これを利用したワックスは、木の表面に皮膜を作り防水・防汚に優れた効果を発揮します。

壁紙

イメージ

最近のシックハウスの原因として、健康・環境影響が指摘されている塩化ビニルクロスなどに代わる素材として、木材や塗り壁とともに需要を増やしてきているのが、自然素材の壁紙です。自然の壁紙には、バージンパルプ、綿、麻、木など自然素材を主体としたものがあります。最近では、再生紙に木のチップなどをはさんだものなども見られるようになりました。自然素材の壁紙は、吸湿機能、通気性に優れており「呼吸する素材」として快適な空間が実現します。

葛布

イメージ

葛布は、掛川市の特産品として知られています。蔓性植物葛の蔓から繊維を取り出し、織りあげたのが葛布で、耐久性や防水性に優れていることから、江戸時代には、はかまや合羽などに使われていました。最近では、天然素材の持つ光沢や柔らかさを生かして襖紙や壁紙、バッグや財布といった小物類に活用されています。葛布の襖は、耐久年数が長いだけでなく、使い込むほど飴色の美しい艶が出てくるのが特長です。

和紙

イメージ

和紙は、水分の吸放湿性が高く保温効果もあり、繊細優美で穏やかな風合いです。半透明の和紙を貼った障子は、直射日光を適度にさえぎり、ちょうど半分くらい(40〜50%)を透過させます。障子に差し込んだ光は、各方面に拡散して、やわらかな光で部屋全体を包み、照明の均質度を高めます。障子の素材である和紙と木は自然感あふれる現代のインテリア。この木の桟と白い紙の織りなす幾何学的な美しさが、室内の空間をきりっと引き締めてくれます。

イメージ

瓦が日本に伝来したのは1400年以上前であると言われ、中国から朝鮮を経由して伝来したという記録が残されています。この伝統ある瓦は、日本の風土、気候に育まれ研究されてきました。耐久性は半永久的とも言われています。耐久性、耐寒性に優れ、断熱、防音性も良く、日本の伝統的な建築美の象徴。中でも素朴な「いぶし瓦」は、自然な味わいを長く楽しむことができて根強い人気です。

ページの先頭へ戻る

キノコ・竹・炭の情報館

森の恵みのしいたけや木炭、竹をテーマに、その効用や活用法、料理のレシピなどをご紹介。

  • キノコの情報
  • 竹、竹材の情報
  • 木炭の情報

もくもく勉強館

静岡県の森林・林業や、森林の役割などを解説。木工作の事例、森林教育の体験施設などを紹介しています。

  • 静岡の今昔
  • 木工作
  • 森林環境教育

木と森のイベント情報(木使い県民運動協賛行事)

  • しずおかの木の家見学会
  • 木と森のイベント

木職ネットワーク 木をめぐる「職」にたずさわる方々に「職」へのこだわり、思いを語っていただきました。

温故知新 静岡県の歴史的建築物を訪ねて、木使いの真髄を学びましょう

静岡県 森林情報共有システム